タッシリ・ナジェールの旅 12日目

 タッシリ・ナジェール最後の日。10日間、ただひたすら歩き、写真を撮りの繰り返しで一日があっという間に過ぎていった。もうちょっとのんびりする時間もあってよかったような気もする。ロバも今日一日荷物を運んだら、ようやくお役御免だ。水や食糧もほとんど無くなったからずいぶん楽になったに違いない。それにしても、ロバはどうしてこう悲しげな目をしているのか。

Jabbaren

途中、Tin Taharinというサイトに寄る。ここにも仮面の人物が描かれているが、体にいろいろくっついているようで、手先も不思議な形になっている。どういう装束だったんだろうか。

Tin Taharin

Tin Taharin

Tin Taharin

Tin Taharin

虫の絵があるのも珍しかった。なんだろう。トンボかバッタか。麓のTadrartには赤とんぼがいたが、数千年前にどういう昆虫がいたかわからない。トンボは乾燥などに強い昆虫なんだろうか。パタゴニアの乾き切った塩湖にヤゴの死骸がたくさん落ちていたことを思い出した。

Tin Taharin

Tin Taharin

 

 麓まで一気に下っていく。なかなかの絶景だ。ずっと雲一つない晴天だったが、前日くらいから少しずつ雲が出てきた。麓近くなると、岩も堆積岩から花崗岩に変わり、水晶の脈が入っている。

迎えの車を待ち、ジャーネットの宿に戻った。深夜の飛行機でジャン・ピエールとマグダレーナとともにアルジェに飛ぶ。残りのみんなは後半のツアーがある。これは4年前に私が参加したものとほぼ同じルートだ。後半から参加する人も数人いるらしい。マグダレーナはイスタンブールで金融関係のクライアントと会議とのこと。

帰国前、部屋で荷造りをしていると同室のハンスが「君は私にとんでもない話をしてくれたね」と。何のことかといえば、スラウェシ島に人間の絵が書かれた壁画があるということについてらしい。ずいぶん前にスラウェシ島で壁画を見たらしいが、そのときは人間の絵はなかったと。「行かねばならなくなったではないか」という。彼は人間が何かしている絵に興味があるようで、見事な絵でもテーマが違うと「Not for me」といって、あまり関心を示さない。重要と思われる絵はライカの一眼レフ(フィルムカメラ)で撮影する。おそろしい83歳だ。

 

 

道中、コロナのことなどすっかり忘れていたが、成田に着いたとたん、「アプリは入ってますか?無い人はこちらに並んでください」と大声で誘導する係員が大勢いて面食らった。別世界だ。ワクチン接種証明書だけじゃダメなんですか?と問うと、ダメです、と。アプリを入れて、何便の飛行機のどの席だったか入力するようになっている。もう濃厚接触者の調査なんてしてないのに、形だけこういうことが残っているというのも日本らしい。

タッシリ・ナジェールの旅 11日目

 さすがに前日は長く歩いて疲れた。ジャバレンが連泊なのは助かる。

 南アフリカで膝の骨にヒビが入ったので、そこが痛くなるのが心配だったが、サポーターをしていることもあってか、幸い痛みはなかった。それでも念のため湿布を毎晩貼って寝た。英さんとジャン・ピエールにも湿布を渡した。疲れてくるとよろけて転ぶこともある。下手をすると捻挫したり最悪骨を折ったりすることもあると思うが、主催者は湿布もテープも持ってきていないというのはちょっとどうかと思った。前回も途中でドイツ人の女性が足を捻挫して、ほとんど歩けなくなった。このときは自動車で移動のツアーだったからよかったが、今回のような環境だったら、下に降りることすらできないだろう。捻挫はすぐに湿布を貼ることが重要だが、誰も持ってきてなかった。そういう経験があるのだから、湿布やテープくらいは持ってきてほしい。どういう場所をどのくらい歩くかは主催者しか知らないのだから。もっとも、南アの薬局で「湿布」といっても全く通じなかったので、日本ほど湿布が好きな国はないのかもしれないが。

 ジャバレンからWadi Amazarという枯れ川を越えて、Aouenrhetというサイトへ。ここには不思議な絵が残っている。カタツムリのような形に入った人と上を漂う、足の無い人の姿だ。足の無い人はそれにすがるような人の絵もあり、カタツムリのような形から人が出ようとしているところを手を貸そうとしているように見える人もいるため、これは「誕生と死」と呼ばれている。

Wadi Amazar

Aouenrhet

Aouenrhet

Aouenrhet

Aouenrhet

Aouenrhet

 
 Aouenrhetでもうひとつ有名なのは、角をつけた大きな女性像だ。「白い貴婦人」と呼ばれているのだが、黒い肌に描かれているので、どうして「白い」と呼ばれているのかわからない。かなり薄く、下半身がよく見えないが、走っている姿のようだ。腕などに房のついた飾りをつけている。これはかなりコントラストを上げた写真で、実際はもっと淡い。ロート隊の模写を見ると、どういう装束なのかなど、よくわかる。

Aouenrhet

Aouenrhet

Aouenrhet

Aouenrhet

仮面をつけた人物の姿も。ふんどしをつけている。仮面だけ描かれている場所もあるが、このデザインを見ると、ネグロイド系なのかなという気もする。

Aouenrhet

Aouenrhet


 午後はジャバレンに戻る。モダンなかんじのダイナミックなポーズの人物画が。こういう何もモデルが無いところから、全く新しい様式を生む人はやはり天才なんだと思う。そういうごく少数の天才が見せた抽象化の仕方や意匠を見て同じ様式を模倣する絵が広がっていくのだろう。イヘーレン様式やこうしたダイナミックな絵は同じ様式でも巧拙がある。

Jabbaren

Jabbaren

ジャバレンにもいろんな時代のいろんな様式の絵がある。この、頭に独特なかぶり物をして、マントのようなものを着ている人たちの絵はTadrartに多くみられたものだ。

Jabbaren

ある場所のとても狭い低いシェルターの天井に面白い絵があった。動物の体を蛇が巻いているようなものだ。あまり他でみかけない感じの様式で、蛇もかわいい顔をしている。ねっ転がってようやく見えるというような絵で、他の絵を見ていて偶然気付いた。

Jabbaren

Jabbaren

Jabbaren

このウサギ耳の人物二人が大きな玉のようなものを持ち上げて(?)いる絵も面白い。おとぎ話の挿し絵のようだ。

Jabbaren

 そして、ついに「火星人」と対面することに。かなり薄く、肩から下ははっきりしないのだが。大きい。ちょうどオーバーハングしているシェルターの壁面に描かれているので、覆いかぶさってくるような迫力がある。それにしても、「白い巨人」などの神像は大きなものがあるが、この丸い頭に模様の付いた人物像は人間ではないんだろうか。こういう形のひとたちが巨人像の足下で拝むようなポーズをとっていることが多いので、てっきり人間なのかと思ったが、こんなに大きく描くとなるとやっぱり普通の人間の姿ではないのだろう。また、このタイプの人物像には乳房がついていることが多いが、「火星人」は正面なので、いまひとつわからない。下の写真は嬉々として撮影する同い年のミシェル。70年代初頭に10才くらいだった者にしかわからない(?)興奮がある。

Jabbaren

Jabbaren

 この頭と模様の人物が連なる絵があり、これも面白かった。この行列はなんだろう。踊ってるんだろうか。頭の上に乗っている(?)ものも何なのか気になる。

 長い髪とヒゲの人物画も面白かった。

Jabbaren

Jabbaren

 

Jabbaren

Jabbaren

 夜は冷えて、いつもは夕食後に少しみんなで話をするのだが、長くじっとしているのも辛く、早々に解散。気温が低いこともあり、ここ二日ほどは昼間の水の消費量が少なく、ゲルタの水を飲まずにすみそうだ。

 この日は18キロ歩いた。

 

Jabbaren













 

タッシリ・ナジェールの旅 10日目

 この日はジャバレンまで最も長く歩くということで、足腰に痛みのある英さんとジャン・ピエールはショートカットすることに。それにしても、アンドラスの日程表に載っている距離は全くあてにならない。前日も日程表では12キロとあったが、20キロ近かった。どうも地図上の直線距離を結んでいるようで、サイト内を歩き回る距離や高低差は全く加味していない。皆、だいたい日程表の1.5倍はあるということがわかってきた。

私も平均10キロくらい、長くて15-17キロくらいとあるので、出発前に荷物を背負って10キロ強歩くことを繰り返したが、そんなもんじゃ足りなかったというわけだ。三脚を運ぶことは最初から止めたが、他のものも極力減らして、約2リットルの水とカメラ、フラッシュ、途中から予備のレンズとかも持たないことにした。

 「明日は15キロ歩くので..」とアンドラスが言うと、「うそでしょ、20、いや25キロでしょ」と一斉に反論が。それにしても、83歳のジャックとハンスの健脚ぶりが恐ろしい。ジャックはサンダルのようなもの(アウトドア用ではあるが)をはいていて、トレッキングポールなども使わない。夜もテント無しで砂の上にマットを敷いて寝袋だけで寝ている。彼はフランスで洞窟のある土地を購入、洞窟内に壁画などの遺跡がないか探索したらしいが、何も見つからなかったという。ハンスも一見ヨロヨロしているように見えるが、変わらぬペースで歩き、「この後、余力のある人だけ近くのサイトに行こう」というと、かならず参加する。だが、途中、「ときどき、どうして来てしまったんだろうと思うんだよね」とかすれた声で言っていたのが可笑しかった。

 最も健脚なのはドイツ人のペトラだ。すいすい歩いていき疲れた様子もまったくない。キリマンジャロも登ったという。

Alanedoumen

日程も終盤になってきて、水が少なくなってきた。そろそろジャーネットの水が無くなり、ゲルタ(雨水のたまった池)の水を消毒して飲む必要が出てくるかもしれないと。腹をこわす覚悟をしておく必要がありそうだ。幸い(?)便秘気味だったのでさほど心配でもなかったが。枯れた川沿いを歩くとイトスギの巨木がいくつもある。実がけっこう落ちているが、いつ頃のものかわからない。乾燥しているので腐ることもあまりないだろうから。長さ2.5センチくらいのものだ。

 

 

途中、Ozaneareという壁画のあるサイトを通る。大きなサイの絵が印象的だった。ゾウやサイなどは刻画は多いのだが、絵は少ない。キリンは絵も多く描かれているのだが。

Ozaneare

Ozaneare

Ozaneare

Ozaneare

 Round Head時代の絵も少しある。ウサギ耳の人物画で、腰巻きをつけているものが、ひとりの人物像にこれだけ要素がそろっているのは珍しいと、ジャン・ロイクが。

Ozaneare

Ozaneare

 それにしてもガイドのムハンマドの記憶力というか、方向感覚はすごい。どこを見ても奇岩の山か平坦な砂地しかない、特徴の無い景色で、よくどちらに行けばいいか見分けられる。もちろんコンパスなど使わない。セファールやジャバレンなど、有名な観光コースはよく知っている人も多いだろうが、Ozaneareなどは普通のコースには入っていない。子どもの頃に来たことがある、という程度の記憶(?)で、だいたい方角がわかるのだからすごい。頭にGPSが入ってるんじゃないかと皆言うのだが。

 この日は原因はわからないが、最後に予定よりも大回りをすることになり、さらに長く歩くことになった。キャンプに着く前に暗くなる可能性もあり、ひやひやしたが、なんとか真っ暗になる前に到着。26.5キロ歩いた。一日にこんなに長く歩くのは初めてかもしれない。恩田陸の『夜のピクニック』に出てくる高校は夜通し80キロ歩くという設定なので、そういう経験がある人にとっては26.5キロなんてたいしたことないのかもしれないが。

 前日くらいから気温がぐっと下がって、昼間長く歩くには助かる。夜は外にいるとダウンを着ていても寒い感じになってきた。風も強い。

 

 

タッシリ・ナジェールの旅 9日目

 セファールを発ち、南のジャバレン方面に向かう。岩山が連なる地域から平坦なエリアに出てひたすら歩く。

Sefar


先ず、Tin Rassoutinというサイトに。体が逆三角形に様式化された人物像が多くみられる。これはタッシリ・ナジェールの麓のTadrartにも多くみられたが、四角いハンドバッグみたいなものを持っているのも特徴だ。アールデコ期のイラストだと言っても通りそうなデザインだ。

Tin Rassoutin

Tin Rassoutin

続いてTin Kaniへ。ここにはRound Head時代の絵もあるが、ラクダ時代のものが多い。真四角の体の不思議な人物像がある。

Tin Kani

Tin Kani

Tin Kani

Tin Kani

Tin Kani

 

 最後にAlanedoumenという名のサイトで大きなサイの刻画を見る。彫りが浅いこともあり、なかなか写真ではわかりにくい。

 

Alanedoumen

 この日は20キロ弱歩いた。最長かもしれない。

タッシリ・ナジェールの旅 8日目

 セファールは壁画が最も多く集まった場所だ。白いセファール、黒いセファールの二つのエリアにわかれている。全て回ろうとしたら数日かかるのだろう。アンリ・ロート隊の詳細な地図があり、場所を特定することができる。このエリアはまるで道路と建物のように碁盤の目状に侵食されていて、通りと番地がつけられるような感じだ。ロート隊の地形図が現在Google Earthなどで見るものと比較するとかなり正確であることに驚く。

Sefar

先ず、北側の「白いセファール」と呼ばれるエリアに。

セファールといえば「白い巨人」だが、同じような、両手を広げた大きな像は他にもいくつも描かれている。手に錫と何か持っているものも。この像は両手を上げて祈るようなポーズの人たちとセットになっていることがほとんどのようなので、やはり一種の神像なのだろう。

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

前日に見たのと同じ、丸い頭の人物像と丸い形がセットになった絵もあるが、面白いのはその足下に描かれた小さな人(?)たちだ。

Sefar


この両者は線の感じからしても同じときに描かれたようにも見える。そして、小さな人たちの右端には中くらいのサイズのよくわからない生き物が。これは何なのか。この大きさの対比は彼らが描いているもののサイズ感を正確に表しているんだろうか。Round Headの時代の絵はよくわからないものであふれていて面白い。

Sefar

そして、いよいよ「白い巨人」と対面する。サイズは英さんの等倍の写真パネルで見ていたが、やはり迫力ある。壁面が少し覆いかぶさるようなカーブがついているので、なおさら大きく感じるのかもしれない。この巨人のまわりに描かれたものもまた面白い。両手を上げて祈るようなポーズの人たちには乳房がついていて、右側に横になって浮遊するように描かれている人物はお腹が大きく膨れているので、多産のシンボルなのではという見方もあるようだ。

Sefar

Sefar

Sefar

白い巨人も不思議な姿なのだが、他にもRound Head時代の不可思議な大きな絵がいろいろある。頭部が光っているような人物像。ミッキーマウスタイプの像は体が二色に塗り分けられていたりして、バハ・カリフォルニアの壁画を思い出す。顔がハート型になっているものや花形になっているものも。横に細長く延びた人型のものも複数描かれていた。



Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

アンドラスなど、何度も来ているのだろうが、それでも初めて気付く絵もあるようで、この場所は細かく見ていったら何日かかるかわからない。

キリンが描かれたパネルがあり、分厚く重ね描きされているのだが、弓で戦う人たちの絵がある。乳房がついているので、女性たちの戦闘シーンらしい。「アマゾネス」とも呼ばれている。

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

 

 

Sefar

これなど人物が渾然一体となっているが、誰かが後からアウトラインをとったものかもしれない。

首の無い人物像もある。

 

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

午後は南側の「黒いセファール」エリアに。その名のとおり、黒い絵が多く、北側に比べるとRound Headの時代のものは少ない。ダイナミックな動きのある絵が多い。走りながら弓を射るひとたち、大規模な戦闘シーンなど。

Sefar

目に白いマスクのようなものをしている女性像も印象的だ。手に持っているのは何だろうか。ロート隊の複写のキャプションにも「オブジェ(?)」としか書いていない。この絵を見ると、腰に巻いているものは後ろに垂れているというより、左右に分かれているようにも見える。

Sefar

頭飾りや足にタッセルのようなものをつけて着飾った人たちが踊るような絵もある。オーストラリアのグィオングィオンを思い出す。

 

Sefar

Sefar

Sefar

Sefar

この日は盛りだくさんだったが、欲をいえばもう1日多くセファールで時間をとって、壁画もゆっくり撮影したかった。多人数で次々と巡ると、どうしても慌てて撮る感じになり、後から後悔することになるのだ。

 セファールの中だけ移動したわりには16キロ以上歩いた。

Sefar

Sefar

 

タッシリ・ナジェールの旅 7日目

朝7時に出発し、Tin Tazarift内のサイトを見る。昨日の最後に訪れた場所にカバの絵があるというので撮影しようとしたら、アンドラスが明日戻ってくるから先へ急げというので撮らず。が、その後わかったのだが、ここにカバの絵があることに気づかずに言っていたことで、結局戻ることはなかった。残念。

 最初に訪れたシェルターには四角く色が変わっている部分があったが、それはユネスコが壁画の保存の試験として表面に何かコーティングしたものだった。塗ったときはこんなに濃度の差はなかったのかもしれないが、明らかに失敗といえるだろう。その右上にはとても人間とは思えない、頭が房のようになった人物像が。他の動物の絵などにもこうしたフニャフニャしたフォルムがあり、溶けているような象の絵とかもあるのだが、もしかしたら単に下手な人が描いたのかもしれないという気もしてきた。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

Tin Abotekaの等身大の弓を持つ男性と同じタイプの絵があり、これも本当に絵が上手い人が描いたんだなと感心する。子どもの立ち方なども絶妙で、何か台詞が聞こえてきそうな感じだ。

このエリアには手のステンシルも多く残っている。明らかに子どものものも。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

 体が横に細長く伸びた、足の無い女性像が。足が無いとどうしても幽霊?霊魂?と思ってしまう。別のサイトにやはり細長く手足が伸びて漂う人物像があるのだが、それは死を表現していると言われているので、こちらもそう解釈できるかもしれない。アンリ・ロート隊の複写画には「横たわる女性」というタイトルが。

ヤギのような頭の獣人像がある。何か話しかけているかのような、ユーモラスな姿だ。近くにやはり頭に角がついた人物と数人の人の絵があり、こちらは角のある人物が両手を上げて威嚇するような姿勢にも見える。いわゆるジンかもしれない。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

Tin Tazarift

大きな弓形の形の上に二人の射手が描かれている有名な絵がある。これは以前は舟に乗っている図とされていたようだが、弓形の両端には動物の頭のようなものがついていて、今は大蛇に弓を射る人、という解釈が一般的なようだ。同じモチーフは他の場所にも見られるようで、ロート隊の模写など見ると、よりはっきりと動物の頭がついているものがある。

Tin Tazarift

 

ものすごい大きな頭の「ポンパドール」像もある。これを見るとやはり髪の毛をいじって作れる大きさではない。何か大きな帽子のようなものだったのだろう。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

ウサギの耳のようなものがついた人物像がここにもある。耳の先に色もついている。ただ、タッシリにはウサギの絵もあるのだが、こんなに耳は長く描かれないので、ウサギの耳を模したものではないのかもしれない。ポルトガル人のジョアンナが「こんなのが出てくる映画を観たことある」というので、「ドニー・ダーコでしょ」と。

Tin Tazarift

 Round Headと呼ばれる最も古い時代のものとされている絵も少しずつ増えてきた。この片手もしくは両手を軽く広げて膝を少し曲げるスタイルは一種の定型になっている。面白いのは腰に布のようなものを巻いているのだが、後ろに垂れていて、前は丸出しのように見えることだ。この丸い形もあちこちに出てくるのだが、何だかわからない。「このカプセルに乗って来ました」と言ってるみたいに見える、とカナダ人のミシェルが。彼は私と同い年。小学生の頃、やはりテレビでデニケンの番組をさかんにやっていたようで、タッシリといえば「火星人」と、刷り込まれているのだ。大いに共感。スケジュールがタイトになってきたけど、「火星人」でちゃんと時間とってくれるだろうな、「火星人」をオミットすることだけは許されない、と。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

ヒヒの描かれたパネルもある。また、耳のような突起がふたつついた魚のような不思議な絵もある。これもまたあちこちに出てくるモチーフだが何なのかよくわからない。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

Tin Tazarift

Tin Tazarift

タッシリには双頭の動物像がいくつかあるが、ここにも首の長い、双頭のキリンのような絵があった。これは補正した写真だが、現地で見たときは「双頭の牛」と説明されたように思う。てっきり頭が消えているのかとおもいきや、下を向いたキリン(?)なのだった。

Tin Tazarift

 

さらに東へ、最も壁画の集中するサイト、Sefarに向かう。途中、Tin Teferiestという小さなサイトにも寄る。Round Head時代の人物像で、弁髪のようなスタイルのものがある。髪の毛なのか、何かつけているのかわからないが。この時代の丸い頭の人物像は頭に模様が描かれているのが特徴だ。刺青かなにかなのか、あるいはかぶるタイプの仮面かもしれない。

 ミッキーマウスのような耳のついた人物画もこの時代のモチーフのひとつだ。この人たちも後ろに垂れた腰巻きをつけていることが多い。

Tin Teferiest

Tin Teferiest

Tin Teferiest

Tin Teferiest

Tin Teferiest

セファールに入り、いろんな時代、いろんな様式の絵が渾然一体となった大きな壁面を見る。左下のものは何なのか。これまたデニケンが喜びそうな絵だ。バーバーリー・シープの下に二羽のダチョウがかかれていることには現地で気付かず、写真を見返してはじめてわかった。こういうゴチャゴチャした壁面は、時間をかけて見るといろんなものが見えてくるのだが、いかんせん時間があまりないせわしないスケジュールだった。

Sefar

Sefar

 二晩セファールに連泊することに。連泊は嬉しい。

 

タッシリ・ナジェールの旅 6日目

 In Itinenに2泊し、再びテントをたたんで出発。テント(モンベルの2人用)をたてるのはそんなに大変ではないけれど、いかんせん疲れているので連泊は助かる。

 この日も午前中はIn Itinenの残りのサイトを見る。牛に乗る女性像のとても状態の良いものがある。繊細なタッチはイヘーレン様式にも見えるが、乗っている人物は上半身裸でイヘーレンの絵に出てくる人たちとは違うようだ。

In Itinen

In Itinen

In Itinen

In Itinen

午後は北に移動してTin Abotekaへ。ここにはタッシリ・ナジェールを代表する絵のひとつ、等身大の弓をもつ人の絵がある。ほぼシルエットなのだが、本当に上手く迫力ある。男性は丸い帽子をかぶっていて、目も描かれているように見える(そう見えなくもない、という感じで確信はない)。日本のツアーなどではこのサイトを飛ばしてセファールに直行するものがあるようだが、ここはマストだと思う。今回いけなかったTan Zumaitakとどちらをとるべきかとなるとちょっと難しいけれど。

Tin Aboteka

Tin Aboteka

細長い帽子のようなものをかぶっている人物像をしばしば見かける。ポンパドールとかエルビスとか呼ばれているようだが、髪形とは思えないので、帽子のようなものなのか。複数の人物が描かれている場面で一人、二人だけがこのスタイルということもあるので、もしかすると地位を象徴するものなのかもしれない。

Tin Aboteka

この日のキャンプ地Tin Tazariftへ向かう。これまた有名な大きな絵「泳ぐ人」がある。岩の脈で白っぽくなっている部分を水に見たてているとも考えられているが、わからない。これもなかなかの迫力だったが、時間が日が暮れる直前だったためとても暗く、写真を撮るには全く適さない環境だった。できれば明るい時間に来たかったのだが。

Tin Tazarift

Tin Tazarift

ロバ隊とガイドのムハンマドは我々とは別に夕飯を食べて焚き火をたいている。前回はガイドたちと一緒に茶を飲んだりしたが、今回はそういう感じでもなかった。きっと我々よりもおいしいものを食べてるんだろうね、と言いつつ、ドロドロのインスタント食を食べるのだった。

この日は18キロ歩いた。

Tin Tazarift