南アフリカ岩絵撮影行 6日目

(一度書いたのだが、パソコンが壊れたため再び。)

今日は満を持してGame Pass Shelterへ。やはり雨降りなので本当にガイドが来るかも心配だったが、途中の道が気になる。昨日もハンドルをとられるほどぬかるんでいたが、昨夜はかなり降っていた。もうすごい状態になっているだろう。はまってしまう可能性がある。

問題の場所に着くと車が詰まっている。見れば大きな牛乳を運ぶトレーラーが道から滑り落ちているではないか。重い車だから一度滑り始めたら止まらないだろう。大きなトラクターがロープで引っ張り上げようとしているがどう見てもパワーが足りない。幸い、脇をなんとか通れた。トレーラーが道を塞いでいたら辿り着けないところだった。

Kambergの受付に着くと昨日と同じ女性が、ガイドを呼びに行ってくれた。何はともあれ、よかった。予備日をとっていたのも正解だった。

先ず、短い映画を観るが、これがなかなか良くできていた。このエリアにサン人がいなくなったのはほとんどもっぱら白人の入植によるものだ。狩場を失って放牧された牛に手を出し、そのために殺され、投獄されるという構図はフエゴ諸島のセルクナムとまったく変わらない。19世紀半ばには消えてしまったという。現在、サン人の風習を一部受け継ぐ部族がほんの少しいるようだ。

 

f:id:lithos:20191210160019j:plain

 

ガイドは25歳の若い子で、彼ともう1人が交代でやっているらしい。途中、滝の裏側にあるシェルターを抜ける。ヒヒの群れが雨宿りしていたようだが、文句を言いながら立ち去った。ここにも少し岩絵があるが、かなり不鮮明だ。

 

f:id:lithos:20191210171157j:plain

 

この後は岩山の上まで一気に上がる。遠くを駆ける動物がいて、小鹿かなと思ったがなんとウサギだという。かなりの大きさだった。Game Pass シェルター周辺はフェンスで厳重に閉じられている。

サイトに入ってすぐにここの絵がいかにすごいかわかった。保存状態がいいだけでなく、絵そのものがとても良いのだ。エランドの群れとシャーマンたち、その周りに跳ねるように描かれた人たち。横一列に描かれたメインパネルと、その左側のスペースにはここがサン人の「ロゼッタストーン」と呼ばれる所以であるところの絵がある。

f:id:lithos:20191212195648j:plain


死にかけたエランドの後ろで手を当ててエランドの霊を取り込んでいるシャーマンの姿。エランドの後足はクロスしていて、死にかけていることが示されている。シャーマンの足もシンクロしてクロスしている。シャーマンの足は蹄になっており、彼が変身しつつあることが示されている。その右には完全に半人半獣になったシャーマンの姿がある。

 

f:id:lithos:20191212201603j:plain

 

f:id:lithos:20191212200957j:plain

 

この絵は入植後、サン人がこの地にいなくなってから約100年後の1950年代に「発見」された最初の岩絵だ。このシャーマンの姿から、岩絵が彼らの生活風景を描いたものではなく、霊的な世界を表したものであることが確認された、という意味で「ロゼッタストーン」と呼ばれているのだ。

雨降りは不運だったが、一人で来れたのは良かった。気兼ねなく写真を撮って、そろそろ終わりというとき、岩から降りる際、足が引っかかって落ちる。膝を思い切り打ちつけた。

ガイドくんがびっくりしてOh, sorry と言いつつ駆け寄って来ようとしたが、「大丈夫、大丈夫」と。あまり大丈夫ではなかった。 下山する途中も足がガクっとなるたびに、oh, sorry...と。君のせいじゃないから、あんなところで転ぶ方が悪いんだから。
 
なんとか事務所まで戻ったが、これは明日の山歩きは出来そうもない。Drakensbergの南端に近いSani Passという場所に宿をとっているがこの感じではそこに行く意味もあまり無い。 連日の歩き疲れで足がぐらぐらしていたのに加えて慣れない厚底のトレッキングシューズで感覚が合わなかった。それにしても以前であればこんな落ち方はしなかったはずだ。嫌だ嫌だ、歳をとるのは。
途中、薬局を見つけて入る。膝を強打したので湿布が欲しい旨伝えると、ならこれだな、と。さらにキンキンに冷えた保冷剤をくれた。親切。 なんとかSani Pass Lodgeに着くと受付が「明日、岩絵サイトまでのトレッキングツアー予約済みですね」と。それが…膝が…。明日の朝ので状態次第で決めていい?と言うと後ろにいたガイドが「無理だな」と「岩場がある道を12キロ歩くんだぜ、諦めなさい」。ですね…。 いい感じのコテージなんだが、ただただ横になるしかなかった残念さ。明日一日何をしよう。前の宿のスタローンのチャンネルが恋しい。
 
f:id:lithos:20191211105155j:plain